【新型コロナウイルス】都道府県ランキング~PCR検査を実施した人数と陽性者数・陽性率

スポンサーリンク

新型コロナウイルスの動向が注目されています。

国や自治体は、PCR検査の体制充実を打ち出していますね

この記事では、都道府県ごとのPCR検査件数と陽性率などをまとめています。

◆都道府県別のPCR検査人数と陽性者割合

忙しい人のために、結論を先に述べます。

都道府県別のPCR件数と陽性者の割合は次の通りです。(基準日:2020年5月6日)

都道府県PCR検査実施人数陽性者数陽性率
北海道7,054人914人13.0%
青森県643人26人4.0%
岩手県384人0人0.0%
宮城県1,910人88人4.6%
秋田県852人16人1.9%
山形県2,246人69人3.1%
福島県2,094人79人3.8%
茨城県4,835人168人3.5%
栃木県2,015人54人2.7%
群馬県2,596人147人5.7%
埼玉県9,324人909人9.7%
千葉県8,090人837人10.3%
東京都12,841人4,765人37.1%
神奈川県8,837人1,132人12.8%
新潟県3,044人78人2.6%
富山県2,392人219人9.2%
石川県1,977人271人13.7%
福井県1,771人122人6.9%
山梨県2,358人56人2.4%
長野県1,818人73人4.0%
岐阜県2,404人150人6.2%
静岡県2,780人73人2.6%
愛知県7,846人498人6.3%
三重県1,938人45人2.3%
滋賀県1,314人98人7.5%
京都府4,343人341人7.9%
大阪府14,842人1,704人11.5%
兵庫県8,358人676人8.1%
奈良県1,605人88人5.5%
和歌山県3,077人62人2.0%
鳥取県1,124人3人0.3%
島根県830人24人2.9%
岡山県1,131人23人2.0%
広島県5,433人162人3.0%
山口県1,290人37人2.9%
徳島県469人5人1.1%
香川県1,739人28人1.6%
愛媛県1,116人48人4.3%
高知県1,520人74人4.9%
福岡県9,400人651人6.9%
佐賀県1,077人45人4.2%
長崎県2,050人17人0.8%
熊本県3,178人47人1.5%
大分県3,175人60人1.9%
宮崎県1,122人17人1.5%
鹿児島県1,287人10人0.8%
沖縄県2,312人142人6.1%

※2020年5月7日掲載 厚生労働省資料を加工
※千葉県は3/20まで、神奈川県は3/22まで、大阪府は3/20まで、複数の検体を重複カウントしている

赤で表記しているものは当初の緊急事態宣言の対象であった7都府県。

青の表記はその後、特定警戒都道府県に含まれた6道府県です。

それでは詳細を見てまいりましょう。

◆新型コロナウイルスの状況

新型コロナウイルスに関しては、2020年4月7日に緊急事態宣言が出され、4月16日には対象が全国に拡大されました。

当初の緊急事態宣言の期間は、5月6日までの約1ケ月。

根拠となる試算では、

⇨ 緊急事態宣言により、人と人との接触を8割減少させる
⇨ 2週間程度で効果が表れて感染者数が急激に減少に転じる
⇨ 1カ月で流行がおおむね収束する

と、されていました。

残念ながら、1ケ月で収束には至りませんでしたね

政府は、緊急事態宣言の期限を、5月31日まで延長しています。

◆PCR検査の実施人数ランキング

ランキングという表現が正しいのか分かりませんが…

PCR検査の実施人数が多い順に、都道府県を並べてみます。(基準日:2020年5月6日)

都道府県PCR検査実施人数
1位大阪府14,842人
2位東京都12,841人
3位福岡県9,400人
4位埼玉県9,324人
5位神奈川県8,837人
6位兵庫県8,358人
7位千葉県8,090人
8位愛知県7,846人
9位北海道7,054人
10位広島県5,433人
11位茨城県4,835人
12位京都府4,343人
13位熊本県3,178人
14位大分県3,175人
15位和歌山県3,077人
16位新潟県3,044人
17位静岡県2,780人
18位群馬県2,596人
19位岐阜県2,404人
20位富山県2,392人
21位山梨県2,358人
22位沖縄県2,312人
23位山形県2,246人
24位福島県2,094人
25位長崎県2,050人
26位栃木県2,015人
27位石川県1,977人
28位三重県1,938人
29位宮城県1,910人
30位長野県1,818人
31位福井県1,771人
32位香川県1,739人
33位奈良県1,605人
34位高知県1,520人
35位滋賀県1,314人
36位山口県1,290人
37位鹿児島県1,287人
38位岡山県1,131人
39位鳥取県1,124人
40位宮崎県1,122人
41位愛媛県1,116人
42位佐賀県1,077人
43位秋田県852人
44位島根県830人
45位青森県643人
46位徳島県469人
47位岩手県384人

首位は大阪府となっていますが、3月20日まで複数の検体を重複カウントしているので、単純比較はできません。

神奈川県(3月22日まで)、千葉県(3月20日まで)についても、重複カウントがあります。

…にしても、大阪府の検査数は突出していますね

特定警戒都道府県以外では、広島県(10位)の検査数が多いですね。

岐阜県(19位)と石川県(27位)は人口が少ないので、検査件数も多くありません。

◆人口10万人あたり検査者数ランキング

次に、人口10万人当たりのPCR検査件数を、ランキングしてみます。(基準日:2020年5月6日)

都道府県10万人あたり検査数
1位和歌山県329.1人
2位山梨県288.6人
3位大分県277.5人
4位福井県228.8人
5位富山県227.8人
6位高知県215.3人
7位山形県206.1人
8位鳥取県200.7人
9位広島県192.9人
10位福岡県184.1人
11位熊本県180.9人
12位香川県180.8人
13位石川県173.0人
14位大阪府168.4人
15位茨城県168.1人
16位京都府167.6人
17位沖縄県159.7人
18位長崎県152.9人
19位兵庫県152.4人
20位新潟県135.5人
21位北海道133.4人
22位群馬県133.0人
23位佐賀県131.5人
24位千葉県129.3人
25位埼玉県127.2人
26位島根県122.1人
27位岐阜県120.4人
28位奈良県119.9人
29位福島県112.3人
30位三重県108.2人
31位愛知県104.1人
32位宮崎県103.8人
33位栃木県103.5人
34位神奈川県96.3人
35位山口県94.2人
36位滋賀県93.1人
37位東京都92.9人
38位長野県88.1人
39位秋田県86.9人
40位愛媛県82.5人
41位宮城県82.5人
42位鹿児島県79.7人
43位静岡県76.0人
44位徳島県63.7人
45位岡山県59.6人
46位青森県50.9人
47位岩手県30.9人

先ほどとは打って変わって、特定警戒都道府県以外のエリアが上位を占めています。

東京都は37位

やはり人口が多いエリアほど、実質的な検査人数がまだまだ少ないことが分かります。

◆PCR検査・陽性者数ランキング

次に、PCR検査で陽性となった人数のランキングです。(基準日:2020年5月6日)

都道府県陽性者数
1位東京都4,765人
2位大阪府1,704人
3位神奈川県1,132人
4位北海道914人
5位埼玉県909人
6位千葉県837人
7位兵庫県676人
8位福岡県651人
9位愛知県498人
10位京都府341人
11位石川県271人
12位富山県219人
13位茨城県168人
14位広島県162人
15位岐阜県150人
16位群馬県147人
17位沖縄県142人
18位福井県122人
19位滋賀県98人
20位宮城県88人
21位奈良県88人
22位福島県79人
23位新潟県78人
24位高知県74人
25位長野県73人
26位静岡県73人
27位山形県69人
28位和歌山県62人
29位大分県60人
30位山梨県56人
31位栃木県54人
32位愛媛県48人
33位熊本県47人
34位三重県45人
35位佐賀県45人
36位山口県37人
37位香川県28人
38位青森県26人
39位島根県24人
40位岡山県23人
41位長崎県17人
42位宮崎県17人
43位秋田県16人
44位鹿児島県10人
45位徳島県5人
46位鳥取県3人
47位岩手県0人

東京をはじめ、特定警戒都道府県が上位を占めるのは、ある意味順当。

むしろ、富山県広島県などは、陽性者の伸び率が高いので、注意が必要です。

特筆すべきは、岩手の0人ですよね

0人をキープできる理由は、

  • 人口密度が少ないこと(人口密度46位/47都道府県)
  • ビジネス・観光など人の移動も少ないこと(地域外宿泊者数44位/47都道府県)

などが考えられます。

◆人口10万人当たり陽性者数

陽性者数を人口10万人当たりで見てみましょう。(基準日:2020年5月6日)

都道府県10万人あたり陽性者数
1位東京都34.5人
2位石川県23.7人
3位富山県20.9人
4位大阪府19.3人
5位北海道17.3人
6位福井県15.8人
7位千葉県13.4人
8位京都府13.2人
9位福岡県12.7人
10位埼玉県12.4人
11位神奈川県12.3人
12位兵庫県12.3人
13位高知県10.5人
14位沖縄県9.8人
15位群馬県7.5人
16位岐阜県7.5人
17位滋賀県6.9人
18位山梨県6.9人
19位和歌山県6.6人
20位愛知県6.6人
21位奈良県6.6人
22位山形県6.3人
23位茨城県5.8人
24位広島県5.8人
25位佐賀県5.5人
26位大分県5.2人
27位福島県4.2人
28位宮城県3.8人
29位愛媛県3.6人
30位長野県3.5人
31位島根県3.5人
32位新潟県3.5人
33位香川県2.9人
34位栃木県2.8人
35位山口県2.7人
36位熊本県2.7人
37位三重県2.5人
38位青森県2.1人
39位静岡県2.0人
40位秋田県1.6人
41位宮崎県1.6人
42位長崎県1.3人
43位岡山県1.2人
44位徳島県0.7人
45位鹿児島県0.6人
46位鳥取県0.5人
47位岩手県0.0人

人口単位で見ても、東京がナンバー1です。

気になるのは、富山県(3位)、福井県(6位)など、特定警戒都道府県以外のエリアが上位に来ていること。

とても緊急事態宣言を解除できる状況ではありませんね

◆PCR検査・陽性率ランキング

最後に、PCR検査に対する陽性率のランキングです。(基準日:2020年5月6日)

都道府県陽性率
1位東京都37.1%
2位石川県13.7%
3位北海道13.0%
4位神奈川県12.8%
5位大阪府11.5%
6位千葉県10.3%
7位埼玉県9.7%
8位富山県9.2%
9位兵庫県8.1%
10位京都府7.9%
11位滋賀県7.5%
12位福岡県6.9%
13位福井県6.9%
14位愛知県6.3%
15位岐阜県6.2%
16位沖縄県6.1%
17位群馬県5.7%
18位奈良県5.5%
19位高知県4.9%
20位宮城県4.6%
21位愛媛県4.3%
22位佐賀県4.2%
23位青森県4.0%
24位長野県4.0%
25位福島県3.8%
26位茨城県3.5%
27位山形県3.1%
28位広島県3.0%
29位島根県2.9%
30位山口県2.9%
31位栃木県2.7%
32位静岡県2.6%
33位新潟県2.6%
34位山梨県2.4%
35位三重県2.3%
36位岡山県2.0%
37位和歌山県2.0%
38位大分県1.9%
39位秋田県1.9%
40位香川県1.6%
41位宮崎県1.5%
42位熊本県1.5%
43位徳島県1.1%
44位長崎県0.8%
45位鹿児島県0.8%
46位鳥取県0.3%
47位岩手県0.0%

陽性率が突出して高いのは東京都で、実に検査した人の4割近くが陽性となっています。

陽性率が高いということは、市中感染が広がり、潜在的な感染者を把握できていないことが推測されます。

オーバーシュートが起きた欧州と同じ傾向であり、危険な状態です

死者をたくさん出したヨーロッパの二の舞とならないよう、PCR検査数の一層の拡充が必要とされています。

◆まとめ

今回は、都道府県別のPCR検査件数をまとめました。

まとめとして、PCR検査件数と陽性者数を合計すると、次のようになります。(基準日:2020年5月6日)

PCR検査実施人数陽性者数陽性率
(合計)163,841人15,151人9.2%

陽性者数は、15,000人を超えてきました。

新型コロナウイルスの早期収束を願ってやみません。

関連する記事が2つあります!

【新型コロナウイルス】都道府県ランキング~退院数と治癒率、死亡者数と致死率、入院数と病床利用率(5月7日基準日)
新型コロナウイルスの感染者は、岩手県以外のすべての都道府県で感染者が出ています。 各エリアで病床は足りているのでしょうか? この記事では感染者のうち、 どれくらいの人が退院して どれく...
【新型コロナウイルス】都道府県ランキング~感染者数と緊急事態宣言からの伸び率
新型コロナウイルスの感染状況に注目が集まっています。 緊急事態宣言の動向も注目されています 今回は、都道府県ごとの感染者数と伸び率などをまとめてみました。 ◆都道府県別~新型コロナウイルスの感染者数...

コメント

  1. 高石 大和  より:

    なぜデータをアップデートしないのですか
    4月11日でSTOPしている
    この資料全体のは精度が問われる

  2. 高石大和 より:

    4月11日からアップデートされていない
    データは遅いと意味がない
    生物とおなじで遅いとデータが腐る

    もうこれ以上問いません
    諦めます

    • くまねこくまねこ より:

      コメントありがとうございます。
      仰る通り、データは遅いと意味がありませんね。
      アップデートに努めてまいります。

  3. たかちゃん より:

    千葉、大阪、神奈川だけ検査数のスタートが違うのに全国で比べるのは意味あるんですか?

    • くまねこくまねこ より:

      コメントありがとうございます。
      たしかに、ご指摘のとおりなので、検査のスタートを全国で合わせて、記事を更新しました。
      (千葉、大阪、神奈川は検査人数ではなく検体数でカウントしている期間があります)
      ご確認をお願いいたします。

  4. 矢津陌生 より:

    都道府県別のPCR検査数が2週間で随分変わってきました。東京都と神奈川県は検査数の増加があまり見られません。肝心の首都圏ではなぜ検査を増やさないのか不思議です。このまま制限解除などしたら、大変なことになりそうで恐ろしいです。大阪・京都・埼玉などの順調な増加に比べて、東京と神奈川の進まぬ理由はいったい何なのでしょう。情報を更新していただけるとありがたいのです。よろしくお願いいたします。

    • くまねこくまねこ より:

      コメントありがとうございます。
      色々と考えましたが、東京と神奈川でPCR検査が進まない理由はわかりません。
      それでも昨日(5月28日)は、東京で15人、神奈川で8人の陽性者が出ています。
      情報更新に努めたいと思います。

タイトルとURLをコピーしました