スポンサーリンク

【新型コロナウイルス】今後の感染者数を予測~2月末には日本国内で2800人超が感染し死者数は86人に

スポンサーリンク

新型コロナウイルスの感染者数が増加しています。

2020年1月24日、イギリスとアメリカの研究者は、

武漢だけで、2月4日までに最大35万人超が感染する

という驚異的な予測を公表しました。

では2月4日以降は、どうなるのでしょうか?

また、我々が暮らす日本では、どうなっていくのでしょうか?

こういう疑問に答えるべく、この記事では、2月末時点の中国そして日本国内の感染者数を割り出してみます。

スポンサーリンク

◆新型コロナウイルス・今後の感染者数を予測

まずは、おおまかな結論です。

2020年2月末の段階で、中国国内の感染者数は213万人死者数は6万人超

日本国内の感染者数は2,864人で、死者数は86人と予測されます。

以下に、計算の根拠をご説明します。

◆感染者数予測の根拠

①ウイルスの基本再生産数

ウイルスの基本再生産数とは、1人の感染者が感染させる可能性のある人数のことです。

新型コロナウイルスについては、研究者によって、以下のようにばらつきがあります。

  • リード(ランカスター大学)…3.6〜4.0
  • マイムナ・マジュンダル&ケネス・マンドル(ハーヴァード大学)…2.0〜3.3
  • WHO…1.4〜2.5

この記事では、上記を参考に「基本再生産数3.0」を採用しています。

ちなみにSARS(重症急性呼吸器症候群)の基本再生産数は2〜5で、麻疹(はしか)は12〜18とされています。

②潜伏期間

中国当局は、新型コロナウイルスの潜伏期間を、最短1日、長くて14日間と説明しています。

そこでこの記事では、平均をとって「潜伏期間7日間」として計算します。

①と合わせて考えると、 1人の感染者から1週間で3人に感染し、さらにその3人から1週間後にそれぞれ3人に感染する…という前提となっています。

③致死率

WHOは、新型コロナウイルスの致死率は約3%程度と見ており、この記事でも「致死率3.0%」で計算します。

ちなみにSARSコロナウイルスの致死率は約10%、MERSコロナウイルスは約34%なので、相対的に新型は「毒性が低い」とされています。

④基準日・基準値

予測計算の基準日は、2020年2月1日としています。

基準日の数値は、1月29日の実績をベースに、基本再生産数「1.5」で計算しています。

ちなみに1月29日現在の中国国内の感染者数は 5,974人、死者数は132人。

日本国内の感染者数は8人、死者数は0人です。

実際には、顕在化していない患者が相当数いて、一方で早期に回復する患者もいますが、この記事では考慮していません。

◆2月末には日本国内で2,864人が感染し86人が死亡

以上の前提条件で算出した感染者数が、下の表です。

中国日本
感染者数死亡者数感染者数死亡者数
2月1日14,935人448人20人1人
2月8日41,818人1,255人56人2人
2月15日176,233人5,287人236人7人
2月22日552,595人16,578人740人22人
2月29日2,138,692人64,161人2,864人86人

国ごとに見ていきましょう。

①中国国内

2月1日には感染者数が14,935人となり、SARS(感染者数8,096人)、MERS(同1,200人)を上回ります。

2月8日には死者数が1,255人となり、死者数でもSARS(774人)、MERS(約450人)を上回ります。

2月末時点では、感染者数213万人死者数6万4千人の予測となっています。

②日本国内

計算上では、2月1日に日本国内でも死亡者が発生。

感染者数は指数関数的に増加するため、2月中旬には感染者数236人死者数7人

2月末にはその10倍の、感染者数2,864人死者数86人まで拡大する予想です。

◆感染者数が拡大しないために

ショッキングな感染者数の予測となりましたが、もちろん、この通りになるとは限りません。

誰もが感染者になり得ることを自覚し、手洗い・消毒・マスクなど、予防することが重要です。

ちなみにマスクに関しては、医療従事者がマスクを装着することで、

  • インフルエンザの感染を66%低下させる
  • SARSの感染を87%低下させる

という効果が検証されています。

しかし過信は禁物。

医療従事者は、N95マスクという高機能マスクを使っているのです。

一般に出回っているマスクは《ウツらない》効果は限定的。

むしろ感染者が他の人に《ウツさない》ことに効果があると考えるべきです。

◆ワクチン開発について

そして、感染予防といえばワクチンですよね。

現在、新型コロナウイルスに有効なワクチンが開発が、アメリカ国立アレルギー・感染症研究所などで進められています。

日本の厚生労働省も、資金拠出などで協力しているのだとか。

開発が早期に進んで、上記の表のように感染者数が拡大しないことを願ってやみません。

◆インフルエンザの方が怖い?

新型コロナウイルスは「新型」とついているので、なんか恐ろしいですよね?

人間とは、未知のものをおそれる生き物なのです。

しかし実は、毎年おなじみのインフルエンザの方がよほど怖い…という専門家もいます。

新型コロナウイルスとインフルエンザを比較してみましょう。

新型コロナウイルスインフルエンザ※
基本再生産数3.0 ※当記事2~3
感染者数6,040人 ※世界合計、1月29日現在全世界で毎年300~500万人
死者数132人 ※世界合計、1月29日現在全世界で毎年25~50万人

※インフルエンザのデータはWikipedia より

感染者数、死者数は、インフルエンザの方がはるかに多いですね。

「新型」を過度に恐れることはないという事が、よく分かります。

◆まとめ

という訳で今回は、新型コロナウイルスの患者数を予測してみました。

個人的に興味があったので計算してみましたが、保健衛生の専門家ではないので、素人のつぶやき程度にお考え下さい。

コメント

タイトルとURLをコピーしました