医院開業ローン【10選】クリニック開設資金の融資にベストな銀行を金利・期間・担保・保証人条件等で徹底比較

スポンサーリンク

医院を開業するには、立地を探して、建物を探して、医療機器を揃えて、スタッフを雇って…

そのすべてに必要なものが「お金」ですよね。

今回は、医院開業に特化したローンを提供している銀行・金融機関をまとめてご紹介します。

1.三井住友銀行「ドクターズパートナー」

まずはメガバンクの商品から。

三井住友開業医ローン「ドクターズパートナー」です。

商品名ドクターズパートナー
最長期間10年
限度額5,000万円
金利所定金利(固定・変動)
担保原則不要
保証人原則不要
保証会社なし
保証料不要
団信生保原則加入
手数料10万円
年齢借入時満60歳未満

資金使途は「設備資金・運転資金」となっていますが、土地・建物にかかる資金は対象外となっています。

限度額が「5,000万円」と低いこと、担保が「原則不要」となっていることから、不動産向けの商品ではないのでしょう。

不動産取得資金はプロパー融資で対応されるのだと思いますが、当然、担保は必要となってくると思われます。

2.みずほ銀行「みずほクリニックアシスト」

もう一つ、メガバンクの商品をご紹介します。

みずほ銀行の「みずほクリニックアシスト」です。

商品名みずほクリニックアシスト
最長期間15年
限度額1億円
金利所定金利(変動)
担保必要な場合もあり
保証人原則不要
保証会社シャープファイナンス
保証料1%~
団信生保原則加入
手数料なし
年齢融資時71歳未満・完済時81歳未満

みずほクリニックアシストは、変動金利しか選べません。

シャープファイナンスの保証がつくのが、この商品の特徴ですね。

保証料が必要ですが、保証人は保証会社に対しても不要なのだと思います。

3.きらぼし銀行「開業医サポートローン」

ここからは地方銀行の商品です。

まずは、きらぼし銀行の「開業医サポートローン」。

商品名開業医サポートローン
最長期間10年
限度額2,500万円
金利所定金利(固定・変動)
担保不要
保証人不要
保証会社東京信用保証協会
保証料必要
団信生保なし
手数料なし
年齢

金額の上限は「2,500万円」と少ないですが、完全に無担保・無保証の商品です。

保証協会(公的な保証会社)の保証がつくところが特徴的ですね。

保証料が必要ですが、保証料の1/2は東京都から補助があります。

4.千葉銀行「メディカルローン」

続いて、ちばぎんの「メディカルローン」です。

商品名メディカルローン
最長期間15年
限度額1億円
金利所定金利(固定・変動)
担保原則不要
保証人原則不要
保証会社なし
保証料なし
団信生保
手数料なし
年齢

上限が「1億円」で、原則として無担保・無保証なので、使い勝手が良い商品だと思います。

診療報酬振込指定は融資条件ではありませんが、振込をちばぎんに指定すると、最大0.25%の金利割引が受けられます。

5.埼玉りそな銀行「埼玉りそなドクター応援ローン」

続いては、「埼玉りそなドクター応援ローン」です。

商品名埼玉りそなドクター応援ローン
最長期間20年
限度額1億円
金利所定金利(変動)
担保個別相談
保証人個別相談
保証会社なし
保証料なし
団信生保原則加入
手数料なし
年齢借入時年齢が満65歳未満

埼玉りそなドクター応援ローンは、変動金利しか選べません。

担保・保証は「個別にご相談させていただきます」とされているので、金額や期間によっては必要となってくるでしょう。

不動産取得の場合は、融資対象物件を担保に取られると思います。

診療報酬振込指定は融資条件となっています。

6.武蔵野銀行「メディカルパートナー」

こちらも埼玉県の地銀ですね、武蔵野銀行の「メディカルパートナー」です。

商品名メディカルパートナー
最長期間20年
限度額3億円
金利所定金利(固定・変動)
担保融資対象物件に設定
保証人原則不要
保証会社なし
保証料なし
団信生保有・無 両パターン
手数料固定金利選択手数料として10,000円
年齢融資契約時に満60歳以下、完済時に満70歳以下

融資限度額が3億円というのは、この種類のローン商品で最大クラスだと思います。

固定金利も選べて、保証人も原則不要なので、正直「埼玉りそな」より使い勝手が良さそうです。

7.常陽銀行「常陽クリニックサポートローン」

続いて、茨城県の常陽銀行による「常陽クリニックサポートローン」です。

商品名常陽クリニックサポートローン
最長期間25年
限度額3億円
金利所定金利(固定・変動)
担保所定の審査による
保証人所定の審査による
保証会社なし
保証料なし
団信生保
手数料なし
年齢借入時年齢が31歳以上

固定金利が選べて、上限金額3億円、最長期間25年という内容は、トップクラスの条件と言えるでしょう。

担保・保証は「当行所定の審査によります」となっているので、金額や期間によっては必要となってきます。

めぶきリースなど、グループ会社との取引がある場合は、金利が優遇されます。

8.八十二銀行「ドクターズサポート」

次は長野県の雄・八十二銀行の「ドクターズサポート」。

商品名ドクターズサポート
最長期間20年
限度額3億円
金利所定金利(固定・変動)
担保融資対象物件に設定
保証人原則不要
保証会社なし
保証料不要
団信生保原則加入
手数料なし
年齢完済時の年齢が69歳以下

固定金利が使えて、融資限度3億円で、保証人が「原則不要」なので、こちらも使い勝手が良い商品です。

最長1年間の返済保障保険(院長が入院した時などに返済を肩代わり)がついているのが特徴的ですね。

こちらもグループ会社との取引があると、金利の優遇が受けられます。

9.大垣共立銀行「開業医アシストローン」

続いて、岐阜県の大垣共立銀行による「開業医アシストローン」。

商品名開業医アシストローン
最長期間25年
限度額3億円
金利所定金利(変動)
担保融資対象物件に設定
保証人第三者保証は不要
保証会社なし
保証料なし
団信生保状況に応じて
手数料50,000円
年齢融資実行時満30歳以上満60歳以下かつ完済時満76歳未満

3億で最長25年、第三者保証なし、と、こちらも開業ローンとしてはトップレベルの条件となっています。

ネックがあるとすれば、固定金利が選べないことでしょうか。

事務取扱手数料が50,000円(消費税別途)必要であるほか、不動産担保が必要な場合には「不動産担保調査手数料」なるものが必要となります。

10.十六銀行「じゅうろくドクターズファンド」

こちらも岐阜県の十六銀行による「じゅうろくドクターズファンド」。

商品名じゅうろくドクターズファンド
最長期間20年
限度額2億円
金利所定金利(変動)
担保融資対象物件に設定
保証人原則不要
保証会社なし
保証料なし
団信生保ご案内いたします
手数料30,000円
年齢申込時の年齢が満30歳以上55歳以下

最長20年で限度額2億円なので、悪くはないですが、ライバルの大垣共立に少しずつ遠慮している印象です。

売りは「行員による財務相談、医療機器リース、診療費決済方法のコンサルティング」でしょうか。

診療費決済方法のコンサルって、何なのでしょうね。

◆まとめ

今回は、クリニック開設にベストな医院開業ローンを融資条件ごとに比較してきました。

紹介した中で大賞を決めるとすれば、常陽銀行の「常陽クリニックサポートローン」でしょうか。

ただし、地方銀行は営業エリアが限定されているので、全国のドクターが使える訳ではありません。

近くの銀行と交渉する時の、交渉材料としてご活用ください。

[word_balloon id=”1″ position=”L” size=”M” balloon=”upper” name_position=”under_avatar” radius=”true” avatar_border=”false” avatar_shadow=”false” balloon_shadow=”true” avatar_hide=”true” box_center=”false”]こちらの記事も読まれています[/word_balloon]

地方銀行64行の実力ランキング【2020年版】預貸金残高・預貸率・経常利益・自己資本比率で比較
地方経済のかなめと言えば、やはり地方銀行ですよね。地元の就職先として、根強い人気があります今回は、そんな地方銀行の実力を、2020年の最新データでランキングしていこうと思います。◆地方銀行とは?そもそも地方銀行って何でしょう。地方にある銀行

コメント

タイトルとURLをコピーしました