診療報酬改定【2020年度】改定率~ネット全体・本体部分・薬価・材料価格の内訳と考え方

スポンサーリンク

2019年12月17日、厚労省は診療報酬改定(2020年度)の改定率を公表しました。

しかし今回の改定率、なかなか複雑です。

一つひとつ、読み解いていきたいと思います。

◆2020年度診療報酬改定の改定率

公表された報酬改定の改定率は、以下の通りです。

  • 本体部分を0.55%上げる
  • 薬価を0.98%(市場拡大再算定の見直しなどの影響を含めると0.99%)下げる
  • 材料価格を0.02%下げる

単純に考えると、次のようになります。

改定率
診療報酬本体部分+0.55%
薬価△0.99%
医療材料△0.02%
合計(ネット全体)△0.46%

◆ネット(全体)で△0.46%

上述のように、ネット(全体)で考えると△0.46%となります。

しかし厚労省は、

財源が異なるため、すべてを合算して『ネットで●%』と言いにくい

と説明しており、△0.46%とは言っていません。

どういう事かと言うと、今回改定では本体部分の一部に「救急病院における勤務医の働き方改革」という名目で、消費税財源を充てているのです。

そもそも、診療報酬の財源は、国庫(税金)、保険料、患者負担から成り立っています。

そこに一部、純粋な消費税財源が混ざるので、合算して言い表せないという理屈なのですね。

◆本体部分で+0.55%

本体部分+0.55%のうち、0.47%が「通常の本体改定」分で、0.08%が「医師の働き方改革への特例対応」分となります。

改定率
通常の本体改定+0.47%
医師の働き方改革+0.08%
合計(診療報酬本体部分)+0.55%

「通常の本体改定」の内訳は、医科が+0.53%、歯科が+0.59%、調剤が+0.16%です。

従前の「医科:歯科:調剤の比率=1:1.1:0.3」が維持された格好となっています。

◆薬価は△0.99%

薬価は△0.98%と公表されています。

金額ベースで△1100億円程度、市場拡大再算定の見直しなどの影響を含めると△0.99%となっています。

◆材料価格は△0.02%

材料価格は△0.02%と公表されています。

金額ベースでは△30億円程度となっています。

◆まとめ

という訳で今回は、2020年度診療報酬改定における改定率を見てきました。

マイナス改定が続く中で起こる、パイの奪い合いの勝者は、いったい誰なのでしょうか?

https://kagerou-kazoku.com/2020-medical-fee-revision

https://kagerou-kazoku.com/medical-fee-revision-2020-seminar

コメント

タイトルとURLをコピーしました